FC2ブログ

2019.05.18

ブログのタイトルを変えました。
一年以上にわたり頑張っていない生活の記録と嘘をつき続けた形になってしまっていたので、ここにきて訂正致した次第です。

今週の月曜日あたりから喉がイガイガしています。
近頃気温差の激しい日々が続いたことに加えて疲労が溜まっていたこともあって少し体調を崩してしまったようです。

今溜まっている疲労は遡ること元号が変わる10日程前のこと。
どこかの職場で平成最後のアルバイターになろうと思い立ちました。
ちょうど良さそうなところが見つかりネットで応募。
数回電話でのやり取りがあった後に面接。
面接はしばらく暖かい日が続いてからの寒の戻りで寒い日でした。
和やかに面接は終わって現場見学もさせていただきました。
最後に働くかどうか決まったら4月30日までに連絡をくださいと言われました。
帰宅途中の車の中で腹痛に襲われました。
寒さで身体が冷えたみたいです。
しかしお腹を壊すことはありませんでした。
ただただ痛いだけ。
ホッカイロを腹部に貼って布団にくるまっていたら良くなりました。
翌日、体調が優れませんでした。
しかし連絡をしないと。
辞退の連絡をしないと。
そう、アルバイトを辞退したのです。
時給も時間帯も場所も仕事の内容も良かったのです。
ただ一点、交通費の支給がないというところがネックとなって辞退することになったのです。
週3日働くとして、ざっと交通費を計算してみると年間で2万円程。
働く日数を増やせばその分交通費も増えます。
なかなか見逃せる金額だとは思えませんでした。
ちなみに交通費については面接の時に聞くまではどこにも掲載がなくてわからなかったのです。
辞退の連絡をした時には元号が変わるまで一週間を切っていました。
更に体調も崩していたので平成最後のアルバイターになることはここで断念しました。

頑張って電話で辞退を伝えてからは少しぼーっとしてふらついた感覚でした。
そんな状態の私を後目に母がホットカーペットを取り替え始めました。
4月の初め頃にホットカーペットが電源を入れてもつかなくなったので、新しく買ったのです。
買ってからしばらく放置されていたのですが、また寒くなってきたのを機に取り替えることにしたみたいです。
母が一人で始めたのはいいのですが、見ていられないところが多々。
体調が悪いと思いながらも手伝うことに。
半袖半ズボンに着替えての作業でした。
クタクタになりました。

それから2日ぐらいはぐったり。
そして平成最後の日。
まだ軽く不調でしたが、ゴールデンウィークでうちに帰ってきていた一人暮らしの弟を弟の一人暮らしの家まで車で送ることに。
ゴールデンウィーク中ということもあって下りは渋滞がおきていましたが、それほど天気の良い日ではなかったのでまだマシだったと思います。
家を出てから3時間半程で帰宅。
長い旅でした。
その日の夕方に母が洗濯物が乾いていないと困り顔。
なのでコインランドリーに乾燥に行ってきました。
私の平成最後の大仕事はコインランドリーで乾燥になりました。

翌日はまたぐったり。
その翌日も疲れは取れていなかったのですが、母がハンガーラックを作り始めました。
両親の部屋のハンガーラックが壊れたとのことで、新しく買ったみたいです。
それもしばらく放置されていたのですが、この日に作り始めました。
一人で作ると言うのでしばらく放っておいたのですが、やはり見ていられず。
追い打ちをかけるように母から衝撃の一言。
「もう1つあるんだよね。」
手伝うことにしました。
1つ目はあと少しのところまで来ていたようで私が手伝ってからはわりとすぐに完成。
と思いきや、余っている部品が2種類。
1種類は余っても良かったのですが、もう一種類は取り付け忘れ。
ということで一部解体して取り付けました。
説明書を見ながら作ったはずの母、なぜ忘れたのか。
2つ目はわりとすぐに完成。
だけどこのハンガーラックの謳い文句、誰でも簡単に作れますというのは訂正すべきだと思いました。
片つけから何からがっつり協力してまたもやクタクタ。

ゴールデンウィークが明けた5月7日。
母が叔母と九州に旅行に行くととのことで羽田空港まで車を出しました。
頼まれたわけではなかったのですが、前日からよく眠れなくて早朝起きていたので送ることにしました。
朝5時半に出発。
そして9時過ぎに帰宅。
翌日は家中掃除機をかけて、しばらくしたら睡魔に襲われ眠ってしまいました。
目を覚ますと20時。
9時間程眠っていました。
母は旅行中に洗濯物は洗わなくてもいいと言っていたのですが、洗濯機の中は結構いっぱいになっていました。
目を覚まして入浴して髪を乾かして21時過ぎ。
時間も時間なのでまたしてもコインランドリーへ。
洗濯と乾燥を済ませて帰宅しました。

翌日、母と叔母が帰ってくる日。
昼頃母から電話がありました。
それは迎えに来てほしいという内容ではなかったのですが、私がお土産とかで荷物がいっぱいで大変だったらどこか駅とかまで迎えに行くから必要だったら言ってと伝えました。
その電話から1時間後、また母から電話がありました。
迎えに来て欲しいと。
どこまでか聞いたらまさかの羽田空港。
もっと遠慮してくれると思っていた私が甘かったです。
自宅から羽田空港、そして叔母の家まで行って自宅へのルート。
160㎞は運転したと思います。

それから今日までも自分の用では心療内科があり、他にも母と出かけたりしたのですが、何で出かけたのかはよく覚えていません。
今週の月曜日にJCOMの人が来てなんかいろいろやっていたのに朝から立ち会ったのは覚えています。
母はパソコンやらタブレットのことはよく分からないとのことで部屋に戻らせてくれなかったのです。

最近の事ほど記憶が薄れているのですが、元気いっぱいに復活する前に疲れるような何かがあったような気がします。
いつの何が原因で喉がイガイガしたのかは考えてももはやわかりません。
一昨日の夜と昨日の朝にホットミルクに蜂蜜を入れて飲んでみました。
そしたら喉のイガイガが軽減されました。
スポンサーサイト

2019.05.13

元号が変わる少し前ぐらいから今日までいろいろとあったのですが、それは今回置いておいて昨日の夕方に見た夢の話をします。
3時間程度の睡眠のあいだに3つか4つの夢を見たのですが、そのうちの2つのお話です。

夢の内容は不思議なことが多いのですが、感覚としても不思議に思うことがあります。
夢か現実かわからなくなった時は頬をつねって痛かったら現実、痛くなかったら夢なんていう話を聞きますが、はたしてそうだろうか。
夢の中でもなんらかの感覚がある時もあるのにと私は思うのです。

1つ目の夢。
自宅のベランダに父と母と私が一緒にいる状況から始まります。
夜空を見ていると流れ星が。
現実に見るよりも大きく明るいものでした。
流星群のようにいくつも降り注ぐようになってきて、遠くに明るい光が落ちていくのが見えました。
星だと思ったのですが、父が雷だろうと言って雷ということになりました。
そんな環境で外にいては危ないと思い、父と母には家の中にいるように言いました。
そして私はもう少し空を見ると言ってベランダに残りました。
私は普段寝る時に使っている掛け布団をかけてベランダで仰向けになるようにして空を見ていました。
すると更に流星の勢いは増していき、ついには私の方向に明るい星の欠片、隕石の様なものが向かってきました。
私は布団を頭まで被って防御。
痛みや衝撃は無かったものの、ものすごい熱さを感じました。
布団が燃えたのではないかと思って確認してみたのですが、燃えてもいなければ穴があいたりなどもありませんでした。
その後私は掛け布団を持って家に入って行きました。

ツッコミどころは随分と多いと思うのですが、夢の話ですから。
夢とはそういうものですから。
この夢の中で私は熱を感じました。
ものすごく熱くて完全に燃えてると思うぐらいでした。
夢では感じることがないと思われていた感覚があったわけです。
このことから夢の中で頬をつねって痛いと思うこともあるのではないかと思うのです。
夢の中で感覚があったことは初めてではないのですが、熱さというのは初めてで、かなり印象に残ったのでここに書かせていただきました。

2つ目の夢。
テレビでこだわりのラーメン屋さんが特集されていました。
2店舗目の沖縄のお店のラーメンがとてもおいしそうだと思いながら見ていると、なぜか我が家のテーブルの上に。
なんだかんだで食べるタイミングがつかめなくて一度テーブルのある部屋を出ました。
そしてまたテーブルのある部屋に戻ると父と母がいました。
ラーメンの方に目をやると、麺もトッピングも減っている様子のないどんぶりに父のお箸が食べている途中のように浸かっていました。
父が口をつけたお箸が浸かっているということでもう食べられないと私は激怒しました。
父は変わった味がすると、母もスープを飲んだようで美味しかったとそれぞれ感想を言ってきました。
どんなに怒ってもヘラヘラ笑う父に私は更に激怒し、許せない気持ちになって自分の部屋へ行きました。
気がつくと私は眠りから覚めました。
そしてラーメンの一件が夢か現実かわからなくなる状態に。
この夢か現実かわからなくなる状態を2、3回繰り返して結論は出ませんでした。

この夢では夢の中で夢を見るという不思議な現象がおきました。
これも今までにも経験したことがあるのですが、こういう夢を見る度に不思議に思います。
今回現実で目が覚めた時にはその瞬間にラーメンの話が夢だったということが鮮明にわかっていました。
夢とは言っても目の前にある美味しそうなラーメンが食べられないのはとても残念なことでした。

いつも現実で起こった話をここでしていますが、たまには趣向を変えて現実味のない話をしてみました。
しかし夢の話を読まされたところで、だからなんだとしか思えないだろうなと自分で読み返して改めて思いました。

2019.04.25

3月にパズル誌でボールペンが当選しました。
久々の当選です。
当選の嬉しさとボールペンかぁという少なからずの残念な気持ちが入り乱れながらも、これからまた何か当選するかもと期待してみたりしました。
昨年このぐらいの時期から当選ラッシュがあったことがその期待を大きくしました。

今月、パズル誌でホームベーカリーが当選しました。
これはかなり嬉しかったです。
ホームベーカリーで作った焼きたてのパンは食べてみたいと思っていたのですが、ホームベーカリーはあっても使うのは最初だけという意見と、ホームベーカリーなしの生活は考えられないとの両極端な意見があったり、音が響くので時間帯によっては近所迷惑になるとの情報があったので、ホームベーカリーを買うことを躊躇していました。
しかし何かで当たったとかであれば後悔することもないだろうといつかホームベーカリーが当たる日を数年前から望んでいました。
そしてついに当選。
正直当選する日が来るなんて思っていませんでした。
ホームベーカリーはまだ我が家に届いていないのでどこのメーカーの物かはわからないのですが、おいしくできる物だと良いなと思っています。

先週奥歯が欠けました。
親知らずです。
虫歯になっていました。
さっそく歯医者さんに予約を入れて二日後に行ってきました。
もう抜くしかないんだろうなと思いながらも抜くなら次回かななんて思っていました。
しかしその日に抜きました。
別の日でもいいと言われたのですが、抜歯の日まで落ち着かない気分でいるのが嫌だったので思い切ってその日に。
たいした覚悟もできていないまま麻酔。
子供の頃に歯を抜くために麻酔をしたことがあったのですが、ものすごく痛くて麻酔を打つための麻酔が欲しいと思ったほどでした。
そんな記憶があったので、ものすごく痛い思いをすると思い込んで麻酔を受けました。
しかし、打つ人が違ったからかなんらかの技術が進歩したおかげかそこまでの痛みは感じませんでした。
なんとか安心して麻酔が効いた頃に抜歯が開始されました。
歯を押されるような感覚はあったのですが、歯や歯茎に痛みは感じませんでした。
でも全くどこも痛くなかったわけではありません。
一番奥の歯、しかも上の歯を抜いていたので相当に口を開かされました。
唇と歯が繋がっている部分が特に痛かったです。
歯科医の方が痛くないですか?と聞いてくれるのですが、それは歯のことだと思って大丈夫だとの意志を伝えました。
だけど他のところがものすごく痛かったのです。
痛いと言って暴れて解放されたいような気分が高まって限界がもうすぐとの頃に抜けましたと言われて事なきを得ました。
親知らずは抜く時よりも抜いた後で大変だったと言う話を聞いていました。
友人はなかなか血が止まらなくて抜歯の翌朝目覚めたら口の周りが血だらけだったとか。
その上痛みもあって柔らかいものしか食べられないと言っていました。
母は頬がものすごく腫れて口が開かなかったと言っていました。
そんな話を聞いていたので、麻酔が切れてからが恐ろしいと感じていました。
しかしながら、拍子抜けするぐらいたいしたことは起こりませんでした。
食事も普通にできたし、多少の流血はありましたが問題のない程度。
腫れることもありませんでした。
抜歯の翌日に抜歯した部分の消毒に行きました。
口の中がしばらく消毒液臭で辛かったです。

そんなこんなでボールペンとホームベーカリーが当選したり親知らずの抜歯がたいしたことがなかったりと良いことが続きました。

だけど不安は尽きません。
お金のことを考えるとどうしたものかと。
アルバイトやパートで貯金をするのは難しそうな気がしています。
貯金どころかマイナスになりそうです。
かといって正社員には抵抗があるし、そもそも雇ってもらえるのか。
やはり車を所持していることが金欠要因のような気がします。
でもどうしてもバスや電車は好きになれないのです。
こんなわがままを言っているうちはまだ追い詰められてはいないのでしょうね。
何か将来困らないぐらいに貯蓄ができるだけの収入が得られる方法がないものかとここ数日よく考えてしまいます。
今はまだ働いていないですが、働くようになってからまた働く日数とか色々考えてできるだけマイナスにならないようにしようと思っています。
そして別で何か稼ぐ方法も考えていきたいと思っています。

2019.03.30

頑張らない体験記とブログにタイトルをつけたわけですが、9月頃から頑張らないでいられなくなっていました。
9月に祖母が救急車で運ばれたとの連絡があり、それからというもの母が祖母と叔母が2人で住む家に週に5、6日通うようになりました。
泊まってくることも増えました。
祖母の家までは我が家から遠く、最初のうちは私が車を出すことも多くありました。
私は徐々に疲れが溜まっていき、10月頃からは頻度をだいぶ減らすようにしました。
母には大変だけど、バスと電車で行ってもらうことにして。

昼食と夕食は私も父もそれぞれ自分達でどうにかする日々でした。
私は面倒だったのでだいたい1食しかとっていませんでした。
精神的な不安やストレスであまり食べる気もおきなかったのです。
そんな感じの日々が今年の1月後半ぐらいまで続きました。
その1月後半に、祖母を施設に入れることができたのです。

祖母は数年前から認知症を患っていました。
私の母は早いところ施設に入れようと言っていたのですが、母の妹二人がそれでは祖母が可哀想だとなかなか賛同してくれていませんでした。
しかし祖母が救急車で運ばれて検査して、この先いつ亡くなってもおかしくないと医師に言われたことを期に母の妹達も賛同してくれるようになりました。
祖母は右の頸動脈の一部がかなり狭くなっていたのです。
ちなみに救急車で運ばれた原因はそれとは関係ありませんでした。
医師が言うには、急に明日亡くなるかもしれないし、この先何年も大丈夫かもしれないしわからないと。
そんな状態では祖母と一緒に暮らしている叔母が常に不安で怖いだろうと思いました。
翌朝祖母が起きてこなかったらと思うと夜も眠れないだろうなと。
なので24時間様子を確認してもらえる施設に入れた方が安心できるし、祖母もそれで助かることがあるかもしれないなど理由はいろいろですが、そんなこんなで施設を探し始め、なんとか1月に入居できたのです。

祖母が可哀想という気持ちもわかるし、祖母だってできれば住み慣れた家で身内と一緒にいたいだろうと思うのです。
それでもその情だけではどうにも対応しきれないことが多すぎるのです。
自分の意思でなく施設に入れられる方々は皆さん嫌がるそうです。
ケアマネージャーの方がそう話していたそうです。
でもだんだん慣れてくるとも言っていました。

祖母には施設のことを施設に入れる前日の夜に母が話しました。
話を聞いた祖母が抵抗したり睨めつけたりという行動があると母は思っていたそうなのですが、実際には「そうかい。じゃあここにはもう住めないんだね。」と力なく言っただけだったとのことでした。
話を終えてから母は私に電話でそのことを伝え、泣きながら「これで良かったんだよね?」と聞いてきました。
母が叔母に祖母の反応を伝えた時に叔母も泣いたみたいです。
それもあってなんだかものすごく悪いことをしたような気持ちに母はなったのだと思います。
そんなこんなで母はその日は祖母の家に泊まり、翌日お昼を祖母と一緒に食べてから祖母を施設に入居させて帰ってきました。
祖母は施設に入居することをよくわかっていなかったようで、なかなかに大変だったそうです。
認知症なので、前日母が話したことをもう忘れていたのです。

それから1週間程経った頃に、再び祖母が救急車で運ばれました。
脳梗塞で緊急手術。
それは母と叔母が祖母のいる施設に会いに行ったその帰りのことでした。
母がちょうど自宅に帰ろうという頃合に施設から連絡が来たんだとか。
祖母は施設に入ってからあまり食事をしなかったそうです。
施設に入れられた人の中には家に帰りたいとの抵抗のために食事をしないという行動をとる人もいると聞いていた母と叔母は祖母が食事をしないのを抵抗のためだと思っていました。
しかし祖母は自分がどこにいる状態かもよくわかっていなかったみたいだし、一度私も救急車で運ばれる前に施設にいる祖母のところに行ったのですが、わりと穏やかだったので抵抗のために食事を拒んでいるようには少し考えづらかったのです。
なので母に本当に抵抗なのかと問いかけてみたこともあるのですが、間違いないと言わんばかりの自信で否定されました。
手術は無事に終わってしばらく入院の後にまた施設に戻りました。
それからは食事もちゃんとするようになったそうです。
医師が言うには、脳梗塞の影響で食欲もなかったとのことでした。
それにしても今回の脳梗塞、施設の方が祖母の様子がおかしいことに気づいてくれたことで助かったと思うとやはり施設に入れてよかったなとみんなで思いました。
当の本人の祖母は脳梗塞で手術したことも入院していたことも何も覚えていないようです。
施設に会いに行けば毎回「いつ帰れるの?」と聞くそうです。

介護に関する事柄が社会問題となっていますが、今回の一連のことからこれはかなり深刻な問題なのだと実感しました。
祖母の場合は暴れたりいなくなってしまったりということはなかったのですが、それでも大変でした。
テレビ等でも介護うつにならないためには周りの人に頼りましょうというようなことを言っていたりしますが、全くその通りだと思います。
他人に任せてしまうなんて自分はひどいことをしているとか親に申し訳ないとか思わなくて良いと思います。
施設に入れるのは可哀想と頑張ってしまっている叔母を見てそう思いました。
叔母には叔母の人生を生きてほしいと。
施設に入れることは捨てることではないし、悪いことではないのです。
施設に入れたってたまに元の家で過ごすことだってできるのですから。
1人で頑張って介護をしている方がいたら、どこかに相談してみるか介護経験者の話を聞いてみるのが良いと思います。
今はそういった介護に関するコミュニティもあるみたいで、そこに行くようになってから気が楽になったという方もいるみたいです。

話はこのブログについてになるのですが、頑張らない体験ができずにいて、今後もそれが難しくなりそうなのです。
なのでもう頑張らない体験記という名で続けていくことはやめようと思っています。
ブログ自体をやめるか、タイトルを変えて適当に思ったことを書くか。
多分やめるかな。
ここ1年程、生活がゴタゴタしていたこともあって気付けば仕事を辞めてまる3年が過ぎてしまっていました。
仕事もアルバイトやパートで探そうと思っていて、それも近々できたらなぁと。
先月心療内科でのお薬が増えてしまって、それから副作用で眠たいことが多くてやっと生活が落ち着いたのに何もできないでいます。
今月の心療内科の時にそのことを先生に話したのですが、もう少しゆっくりした方が良いと言われまた来月までは眠たいことが多そうです。
だけど次々と親戚に何かがおこっていた昨今のことを考えると、このタイミングを逃したくないとも思うわけです。
8月上旬に駐車場に停めていた車をぶつけられてゴタゴタしたり、昼食直前の真昼間の太陽の下で現場に行って話を聞いてそれからいろんな対応で体力も時間も奪われてようやく落ち着いた8月の下旬に仕事を探し始めて目星をつけた所での祖母の救急車の一件。
そうして逃した仕事のタイミングのことを考えると焦る気持ちも出てしまいます。

このブログはしばらくとっておきます。
気まぐれで何か書くかもしれないし、消えるかもしれません。

2018.06.28

先日当たったらっきょう酢で漬けた紫玉ねぎはかつお節と醤油をかけて食べました。
それを父がえらく気に入ったようでパクパク食べていました。
生姜を漬けた方は今日の時点ではまだ漬かりが浅かったみたいなのですが、両親共に満足していました。
私は生姜が嫌いで食べていないのでわからないのですが。
らっきょう酢を欲しいと言ったのが母で応募したのが私、だけどらっきょう酢で漬けたものを1番嬉しそうに食べているのが父です。

私には少々戸惑っていることがあります。
最近いろんなものに応募したり宝くじをよく買ったりしているので高額、高価なものではないけれどもよく当たるようになりました。
そして今日買ったパズル雑誌。
名前が乗っていました。
長崎五黒カステラが当たりました。
さすがに当たる頻度が高すぎると思うのです。
自分に何が起きているのか。
それほど素晴らしい行いをした覚えもなければ風水だったりパワースポットだったりそういったことにも触れていません。
良いことが起こる前兆というのを調べてみましたが、該当する事柄に記憶がありません。
ちなみに今回当たったカステラはネットで調べたところ、3000円ぐらいするみたいです。
350gが2本の容量です。
最近当てたものの中では一番高価です。
プロフィール

nat225

Author:nat225
2016.02.15日にうつ病により退職。
2016.09.06に頑張らないで生きていこうと決めました。
好きな時に好きな事をしています。
2018.03末頃より頑張らないことが無理な状況になりました。
2019.05.18にブログのタイトルを「頑張らない体験記」から「頑張らない体験断念記」に変更しました。

カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター